ちょっとしたハプニング

SPONSORED LINK

私は半年ほど前からとあるコンビニで
アルバイトを始めました。

今までほかのバイトの経験は
それほど多いわけでなく、
特にレジ打ち等が初めてだったので
はじめのうちはなかなかなれずに
おどおどしてばかりいました。

半年ほどたった今ではレジを打つのも早くなり
搬入などの仕事も店長やオーナーに怒られることなく
そつなくこなせるようになりました。

そんなある日の
失敗面白エピソードを紹介します。
深夜の搬入も終わり、暇になった私は
レジ打ちを担当していました。
そこへほどなく、一人のお客さんが現れました。

そのお客さんは煙草を2箱買おうとして
私に銘柄を言ってきました。
そして、レジを打とうとしていたその時でした。
ふとなり始めるベートーベンの第九。
そう。私の携帯のアラームでした。

なんだ、アラームなら消せば済む話じゃないか
とお思いになるかもしれませんが、
そうはいかなかったのです。

なぜなら、そのアラームは
とあるアプリのアラーム
難問の計算問題を5問解くまでは
鳴りやまない設定になっているのです。

焦って普段ならできる2ケタ×2ケタの暗算
何度も間違えてしまい、なかなかアラームを
止めることができずにいると、
なぜかそういう時に限ってお客さんが
たくさんやってくるのです。

そこで私は最強の解決法を思いついたのです。
それは、携帯を冷凍庫に入れるということでした。
冷凍庫は音を遮断すると聞いたことがあったので、
一か八か、携帯を店の冷凍庫へと放り投げました。

すると、うる覚えの知識が役に立ったのか、
見事に音は聞こえなくなりました

その後、客足が途切れ、携帯を取り出すと、
まだ、アラームはなり続けていました
しかし、冷凍庫の温度にも負けることなく
アラームを鳴らし続けた自分の携帯に
私は感心してしまいました。

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!コンビニアルバイト体験談の関連記事