はじめてのアルバイト談

SPONSORED LINK

私が生まれて初めてやったアルバイトは、
コンビニでのアルバイトでした。

初めてのアルバイトにとっても
ドキドキしたのを
今でもはっきりと覚えています。

普段、コンビニへはしょっちゅう行っていましたが
店のカウンターの中へ入ると世界が違うように
思えました。

お金を扱うので、
おつりを間違えないように、とか
ものすごく緊張しました。

タバコも吸ったことなく、
銘柄も全然知らなかったので
お客さまが言ったものが
すぐに分からなかったりし
慌ててしまったこともありました。

店長さんがとても優しく
一緒に働いていたパートのおばさんも
いつも丁寧に教えてくれました。

ああやって何も分からない私に丁寧に教えてくれ
接してくれた人がいたからこそ、
今、仕事で後輩や新人に教育する立場になっても
あの時の店長さんやパートのおばさんのように
親切に丁寧に教えよう、と思っている自分がいます。
あの出会いがなければ、今の私はいなかったのです。

コンビニのアルバイトで面白かったのは
色々なお客さまがいらっしゃるということです。
人間模様なんかも垣間見れて、
人間ウォッチングをするのには楽しかったです。

決まって来てくれるおじいさんやおばあさんと
仲良くなって、お話しするのも楽しかったです。

また、色々な商品が新しく入ってきたりすると
すぐに分かるので、商品に詳しくなったり、
そういった商品に試食品などがあったりすると
得した気分になりました。

コンビニのアルバイトは1年半ほどでしたが、
経験して本当に良かったと思っています。

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!コンビニアルバイト体験談の関連記事