コンビニで働いて良かったこと

SPONSORED LINK

私の初めてのアルバイト
コンビニでのアルバイトでした。

コンビニを選んだ理由としては、
家の近くにあった事、
24時間営業しているので
時間の融通がききやすいという事です。

コンビニで働いて良かった事は、
お客様の身近に居れる事です。

コンビニの店員は、
割と身近に感じられると思います。
それが理由で無下に扱われたりもしますが、
それ以上に親しく話しかけてくださる人も沢山おり、
「おはよう。」や「今日も頑張ってるね。」
などの一言だけで楽しくなってきます。
中には「こうやって話するのが毎日の楽しみ」
と言ってくださる方もいます。

私が忘れられないお客様の中に、
こんな方がいました。

年齢は70代後半の男性で、
1日に3回ほど来店されるお客様。
散歩がてらこの店に来店されているそうで、
店員のほとんどがそのおじいさんの事を知っていました。

来店しては「今日も頑張ってるね」など
声をかけてくださり、他にお客様がいない時には
レジでお話をしたりしていました。
時には、「どのジュースがおすすめ?」と聞いてこられ、
ニコニコしながら「ばぁちゃんに買ってやるんだ」
と、よく話をされていました。

「うちのばぁちゃん怖いのよ」と言いながらも
その顔はニコニコされていて、奥さんの好物
飲み物を買っていき、たまに奥さんとの
思い出話をされる事もありました。
「奥さんの事が大好きなんだなぁ」
と、すごく感じていました。

ある日、おじいさんが
レジで溜息をついた事がありました。
尋ねると、「肝硬変になってしまった」と。
それからしばらくは来店される回数も減り
浮かない顔をされていたのですが、

しばらくすると
いつものおじいさんに戻っていたのですが…。
こんな事を、言われた事がありました。
「わしが死んだら線香でも上げにきてくれな」
その顔はいつものニコニコ顔でした。

でもどこか寂しそうで。
「そんな事言ったら寂しいじゃないですか」
と言うとガハハと笑ってくれました。

そして、おじいさんが全く来なくなりました。
店長や他の店員も、
最近見ないねって話していましたが、
どうやら亡くなったらしいとの事でした。
噂程度の情報ですし、信じたくありませんでした。

以前一度、来店されない時期もあったし
また来られるようになるだろうな、と。
でも、それから来店される事はなかったのです。

おじいさんは、この店に来るのが
楽しみだと言っていました。
それから私は、こういう風に思っている常連さんは
他にもいるだろうと思い、出来るだけ、
レジで声をかけてこられた
お客様とお話をする様にしています。

地域に密着できるコンビニだからこそできる、
コンビニならではの接客は、こういう所だと
おじいさんに教えてもらいました。

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!コンビニアルバイト体験談2の関連記事